心と体と環境を健全に保つためには、食生活が特に重要。

種のこと、土のこと、農法のこと、調理法のこと。

こだわればきりがないですが、できることから少しずつ自然な方法を取り入れたいものです。

 

すぴかでは、

無農薬、自然栽培、有機栽培、宇宙のリズムで育てるバイオダイナミック農法などの素材を選択。
不自然な添加物排除。

発酵食・酵素食品を選択。
玄米菜食・マクロビオティックなどの調理法を採用。

とするように努めています。

 

 

具体的には次の基準で選択するようにしています。

理想的な食材はまだ入手しにくく、加工品に関しては農法までの情報が得られない状況なので、

一般的な農法の食材を使用する場合もあります。

 

種:固定種・在来種>F1種 ※F1種の排除は現在のところ大変難しい

農薬:無農薬>低農薬 ×農薬は可能な限り排除

肥料:無肥料>植物性有機肥料>動物性有機肥料 ×化学肥料はわかる範囲で排除。

農法:自然栽培・自然農法>有機栽培・バイオダイナミック農法>特別栽培

化学添加物>可能な限り排除

動物性食品(肉・乳製品等)は禁止していませんが、飼育方法等に不安が多いためできる限り使用していません。

 

 

より自然で美味しい食材、調理法を

これからも皆さんと一緒に引き続き探していきたいと思っています。

 

 

自然栽培とは

無農薬・無化学肥料なだけでなく、有機肥料さえも持ち込まず、植物と土と自然の力を引き出す栽培方法です。

有機肥料も使い過ぎによる弊害(病害虫や、環境及び人体への影響)がでることもあります。

自然栽培では、より安全で植物本来の強いエネルギーが感じられる作物が育つのです。

 

マクロビオティックとは

桜沢如一氏が提唱した理論で、日本の伝統食である玄米菜食を中心とした食事法に限らず、東洋思想をベースとして、自然と調和した生き方を提案する考え方です。

厳しい決まりがあるイメージを持つ方も多いですが、肉食などを禁止はしていません。

体質や環境に合った自然な食生活やライフスタイルを送るために、今までの習慣を考え直すためのヒントがたくさんつまった考え方だと感じています。